ヴェゼル新型とエクストレイルを比較!どっちがおすすめ?

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大10社の大手下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

新型車種査定はこちら

ヴェゼルは、コンパクトSUVでありながら、比較的広い室内として評価が高い車です。

そこで、迷うのが、ミドルクラスのSUVとどちらがいいかということです。

今回は、ミドルクラスで人気のエクストレイルと新型ヴェゼルを比較していきます。

この2台は、コンパクトサイズとミドルサイズでカテゴリーは少し違います。

しかし、ヴェゼルがコンパクトSUVにしては少し大きめなので、ミドルクラスのエクストレイルとライバル関係で比較検討する方も多い車種です。

新型ヴェゼルとエクストレイルの価格比較

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

ヴェゼル

新車車両本体価格:2,075,000~2,926,000円

他のSUVと比べて安価な設定となっています。

ただ安いというだけではなく、客室と荷室が広くスポーティーでクーペのようなデザインを実現しています。

パワーユニットには、ハイブリッドとガソリンエンジンの2種類を用意し、低燃費でありながらパワフルな走りが楽しめるのが特徴です。

エクストレイル

新車車両本体価格:2,231,280~3,804,840円

エクストレイルは、アウトドアスポーツを楽しむ人達のために最適な装備を満載したSUVで、防水シートなどが装備されているのが特徴です。

そして、エクストレイルの最大の特徴ともいえる装備は、半自動運転とまではいかないまでも、前車との車間を保ちながらオートクルーズをして、しかもハンドル操作までサポートするプロパイロットが魅力的な装備です。

新型ヴェゼルとエクストレイルのエクステリア比較

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/design/

ヴェゼルとエクストレイルのエクステリアは、どちらも丸味を帯びたデザインが特徴です。

デザイン

ヴェゼル

フロントから見ると切れ長のヘッドライトが特徴です。

また、車をサイドから見た時にリアが下がりのクーペスタイルになっています。

エクストレイル

V字型のフロントグリルが目を引きます。

2列シートと3列シートで全長が共通なため、ルーフがフロントからリアまで下がることなく全高を確保しています。

最大の違いはカスタマイズの選択肢

ヴェゼルにはTOURINGやRSといった走りに振ったカタログモデルがありますが、よりアグレッシブな、そして独創的なデザインにするには、オプションのModuloのスポイラーを選択するしかありません。

しかし、エクストレイルでは、特別仕様車のエクストリーマーX、オーテックバージョンといった、ノーマルと一味違ったグレードを選択することができ、ニスモのパーツでカスタマイズすることも可能です。

サイズ

エクステリアサイズを比較してみます。

ヴェゼル エクストレイル
全長 mm 4,330(RS、TOURING:4,340) 4,690(エクストリーマーX:4,710 AUTECH:

4,705

全幅 mm 1,770(RS、TOURING:1,790) 1,820(AUTECH:1,830)
全高 mm 1,605 1,740(ハイブリッド1,730)
ホイールベース mm 2,610 2,705
タイヤサイズ 215/60R16

215/55R17 HYBRID Z

225/50R18 RS・TOURING

225/65R17

225/60R18 20X、20Xi、エクストリーマーX

225/55R19 AUTECH

ヴェゼルが、スモールサイズの中で大きめといわれていますが、サイズを詳しく見ると、やはりミドルサイズのエクストレイルより一回り小さなサイズということがわかります。

新型ヴェゼルとエクストレイルのインテリア比較

引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/interior.html https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/design/

サイズ

室内のサイズを比較してみます。

ヴェゼル エクストレイル
室内長 mm 1,930 2,005
室内幅 mm 1,485 1,535
室内高 mm 1,265 1,270(サンルーフ装着車1,220)
5人乗車時の荷室容量 L 393 565(3列シート車445)

エクストレイルのほうが、車体が一回り大きい分だけ、荷室容量がかなり広くなっています。

やはり、ヴェゼルとエクストレイルで、決定的な違いは、室内空間の広さです。

エクストレイルのほうが、車体の全長が36cmも長いので、車内の広さに差が出ます。

ヴェゼルの場合、2人乗りと割り切って使う分には、サイズは気になりませんが、リアシートに人を乗せて長距離を移動するにはエクストレイルのほうが快適です。

走行性能比較

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/driving/

ヴェゼルとエクストレイルには、ともにガソリンエンジンとハイブリッドが用意されており、駆動方式も2WDと4WDが用意されています。

しかし、車両重量がヴェゼルでは、1,180~1,390kgと非常に軽く、エクストレイルでは1,450~1,640kgと重いため、かなり車重に差があることから走行性能に大きく差が出てきます。

走行性能

ヴェゼル

タイプ別ですが、アジャイルハンドリングアシストが搭載されています。

連続したカーブでもすいすい曲がれるこの機能は、運転が楽に、そして正確に安定して曲がれる気持ちよさがあります。

このほか、可変ステアリングアシストや、よりダイレクトに走りを堪能できるCVTなど、走りを愉しむ装備が搭載され、オンロードを気持ちよく走らせることができます。

エクストレイル

装備されているインテリジェント4X4は、どのような路面でも素晴らしい効果を発揮して、悪路の走破性に優れています。

ヴェゼルは、オンロードの走行をメインにセッティングされており、いざというときには滑りやすい路面でも走行できるといったSUVですが、エクストレイルは、悪路の走破性に重点をおいたセッティングとなっています。

燃費

燃費性能は、どちらもハイブリッドのほうが燃費がよくなっています。

そこで、どのくらいの燃費性能なのか表にまとめてみました。

JC08モードカタログ燃費 ヴェゼル エクストレイル
ガソリンモデル 17.6~21.2km/l 16~16.4km/l
ハイブリッドモデル 25.6~27km/l 20~20.8km/l

ヴェゼルの燃費は、ガソリンモデル、ハイブリッドモデル共にエクストレイルを大きく上回っています。

実燃費でもヴェゼルは、エクストレイルを大きく上回る結果となっています。

 

ヴェゼル(ガソリン):14~16km/l

エクストレイル(ガソリン):10km/l

ヴェゼル(ハイブリッド):17~18km/l

エクストレイル(ハイブリッド):13~15km/l

 

燃費の差は、車両重量も大きく関係してくるので、どうしても車重の重いエクストレイルは燃費性能が悪くなっています。

 

ただし、内装の雰囲気は、ベゼルのほうが高級感が高く、特にシフトの形はエクストレイルがオーソドックスな形なのに対し、ヴェゼルでは、SUVというより高級車を思わせるデザインで、ゴージャスさが感じられます。

新型ヴェゼルとエクストレイル比較まとめ

新型ヴェゼルとエクストレイルを項目別に比較しました。

コンパクトSUVの中では、広いヴェゼルでしたが、やはりミドルタイプと比較すると空間が見劣りしてしまいます。

ミドルSUVのエクストレイルは大柄なボディーで、スペースに余裕があり、荷物が多く載せられたり、多くの人を乗せて移動することもできます。

しかし、コンパクトSUVは、燃費も良く、取り回しも楽という特徴があります。

日常の使用人数が、2人程度なら、ヴェゼルで移動するには快適そのものです。

ヴェゼルとエクストレイルは、それぞれ異なった魅力の車なので、アクティブに仲間とアウトドアなどを楽しみたいのであれば、エクストレイルがおすすめで、一人で乗ることや、2人で乗ることが多い人であればヴェゼルがおすすめとなります。

新型車種を「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「新型車種は…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでたった30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!!

新型車種査定はこちら