ヴェゼル新型とCX-5を比較!どっちがおすすめ?

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大10社の大手下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

新型車種査定はこちら

新型ヴェゼルを検討するときに、CX-5と迷うかたも多いのではないでしょうか。

この2台は、大きさが違いますが、人気のSUVなので候補にする方が多い車種です。

そこで、新型ヴェゼルとCX-5を詳しく比較し、どちらがおすすめなのかご紹介していきます。

ヴェゼルとCX-5の特徴

 

新型ヴェゼル

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/styling/other/

ヴェゼルは「強さや存在感で、世界で渡り合える」をキーワードに、「コンパクト」「クーペ」「ユーティリティ」がパッケージデザインとなっています。

運転席に座った瞬間、ワクワクするような期待感に溢れ、乗る人すべての人が寛げる空間を目指した車です。

デザインは、SUVでありながら低く構えた面持ちが、クーペのデザインが特徴です。

クーペデザインは、運転する楽しさと所有する歓びが、車に凝縮していると開発者が考えたからです。

コンパクトボディーならではのキビキビとした走りで、日本の狭い道路でも難なく走行できます。

そして、コンパクトとは裏腹に、運転席と助手席の距離は広くとってあり、クーペのようにドライバーが運転に集中できる空間となっているのも特徴です。

CX-5

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/design/

CX-5は、スカイアクティブ技術と「魂動」デザインの採用で、世界中で高い評価を得ています。

内装も妥協することなく、フロントシートだけでなくリアシートも作りこまれ、高級かつ上質な雰囲気を高めています。

エクステリア、インテリア共に匠の技術の結晶であり、そこにマツダ得意の運動性能である、「Gベクタリング・コントロール」により、誰でも高い操縦性能を体感することができます。

大きさは、ミドルクラスSUVですが、実際に運転すると、軽快なフットワークと、高い視点により、コンパクトSUVに乗っているかのような、フィーリングに錯覚する車です。

走行性能比較

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/performance/driving/ https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/driving/

走行性能は、エンジンパワーと足回りのセッティングで、かなり差が出てきます。

ヴェゼルとCX-5では、車体の大きさが違うので、当然エンジンの大きさも異なりますし、足回りのセッティングも違います。

しかし、走行性能は、車が大きければよいわけではなく、小さいボディーでも走行性能が高い車はたくさんあります。

そこで、ヴェゼルとCX-5を、エンジン性能と足回りと乗り心地について、比較してみます。

動力性能

ヴェゼルには、131PSのNAガソリンエンジンと172PSのガソリンターボエンジン、そしてシステム総出力152PSのハイブリッドの3種類のパワーユニットが用意されています。

そして、CX-5には、156PSの2.0Lガソリンエンジン、190PSの2.5Lガソリンエンジン、230PSの2.5Lガソリンターボエンジン、そして190PSの2.2Lディーゼルターボエンジンの4種類が用意されています。

パワーを見ると、CX-5のほうが最高出力が高く、動力性能に優れていますが、車重を比べるとヴェゼルが1,180kg~1,390kg、CX-5が1,520kg~1,710kgとヴェゼルのほうがかなり軽いことがわかります。

例えば、加速性能を表すパワーウェイトレシオを比べて見ると、ヴェゼルのターボモデルは7.9kg/PS、CX-5の2.5Lターボが7.3kg/PSと、それほど違いがない事がわかります。

そして、ヴェゼルの一番売筋のハイブリッドZで、8.6kg/PS、CX-5の一番売れ筋のディーゼルXDは、8.4kg/PSとなっており、これもほとんど変わりません。

このことから、動力性能に関してこの2台は、ほとんど差がないといえます。

足回り性能と乗り心地

オンロードも、オフロードも爽快に安定して走行するために、ヴェゼルには、アジャイルハンドリングアシストと、振幅感応型ダンパーが装備され、CX-5にはGベクタリング・コントロールが用意されています。

どちらの装備も、思いのままにコーナーを安全に安定して走行ができる最新の技術ですが、乗っている人の体の揺れまで、抑えることができるGベクタリング・コントロールは、乗る人すべての人が快適で、安心して長距離乗っても疲れることなく乗車することができます。

インテリアデザイン

引用:https://www.honda.co.jp/VEZEL/webcatalog/interior/design/ https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/interior/

インテリアデザインは、ヴェゼルもCX-5も高級で上質なデザインの仕上げとなっており、乗る人すべての人が寛げる空間となっています。

そこで、ヴェゼルとCX-5の室内空間と、ラゲッジルームについてみていきます。

室内空間

コンパクトSUVのヴェゼルの室内は、かなり広くゆとりを持たせてあり、ワンランク上のクラスの室内空間となっています。

そして、車体はCX-5のほうが大きいのですが、車内長を比べると、ヴェゼルが1,930mm、CX-5が1,890mmと、ヴェゼルのほうが室内の長さが確保されています。

後部座席の足元の広さは、意外にもヴェゼルのほうが広く足元に余裕があります。

どちらの車種にも、後部座席にリクライニング機構が付いているので、背もたれを倒せば、ロングドライブも気になることはありませんが、足元に余裕のあるヴェゼルのほうが、乗車定員でも窮屈に感じることはありません。

ラゲッジルーム

ラゲッジルームの広さは、定員乗車時にヴェゼルでは393L、CX-5では505Lと、車体が大きいCX-5のほうが荷室の容量は確保されています。

シートアレンジで、長物も載せられるのは、どちらも同じですが、リアゲートがパワーゲートのCX-5のほうが使い勝手は良いといえます。

燃費性能比較

新型RAV4エコカー減税

燃費性能は、ヴェゼルではハイブリッドが、CX-5ではディーゼルのほうが燃費性能が優れています。

そこで、それぞれの車種の燃費の良いグレードの、実燃費がどれほどなのか比べてみます。

実燃費

ヴェゼルのハイブリッドの実燃費の平均は、4WDが17.3km/l、2WDが18.8km/lとなっています。

そして、CX-5には、駆動方式の他にトランスミッションもMTとATがあり、実燃費も4通りあります。

CX-5ディーゼル6MT FF実燃費:16.5km/l

CX-5ディーゼル6MT4WD実燃費:16.5km/l

CX-5ディーゼルAT FF実燃費:14.8km/l

CX-5ディーゼルAT 4WD実燃費:14.0km/l

燃費性能は、ヴェゼルのほうが平均して良い数字となっていますが、燃料費の安い軽油のCX-5であれば、この燃費の差はほとんどないに等しいといえます。

価格比較

新型ヴェゼルは、2,075,000円~となっています。

一方のCX-5は、3,115,800円~となっています。

価格は、やはりミドルSUVのCX-5の方が高額ですね。

新型ヴェゼルとCX-5比較まとめ

新型ヴェゼルとCX-5を比較してきましたが、室内、走りと乗り心地、そして燃費のすべてにおいて、非常に似通ったレベルの車ということがわかります。

価格面では、かなり差があるので、この2台で比較した場合は、ヴェゼルがおすすめです。

荷物をたくさん積みたい方には、ラゲッジルームが大きいCX5の方が快適に使うことができるかもしれませんね。

新型車種を「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「新型車種は…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでたった30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!!

新型車種査定はこちら