RAV4新型の値引き額は?最新車種を安く手に入れる方法

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大10社の大手下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

ヴォクシー査定はこちら

 

新型RAV4は、3年ぶりの日本発売と合って、注目度も高くなっています。

その反面、継続販売が途切れていたので、ディーラーとしては全く新しい新型車として販売することになります。

RAV4は、フルモデルチェンジですが、先代が日本で販売されていなかったことがあり、最初のうちは値引き額はかなり厳しいことが予想されます。

そこで、新型RAV4を安く手に入れる方法と、予想される値引き額について解説します。


<スポンサードリンク>

新型車の値引きは厳しい

自分が待ち望んでいた新型車の発表があると、心がウキウキして早く乗りたいと思う気持ちでいっぱいになります。

しかし、新型車の値引きはどこのメーカーも渋いのが現実です。

最初から、気持ちの高ぶりを削ぐような書き出しで、がっかりするかもしれませんが、これは新型車の発表前に大きな値引きを期待するには無理が多くあります。

新型車の値引きが渋い理由には、発売前や発売直後の場合、どれだけの受注があり、どれだけの売り上げがあるのかわかっていないので、どうしても値引きには消極的にになります。

また、前評判の良い新型RAV4のような車では、値引きを無理にしなくても売れる時期に、売って利益を上げたいといった思惑もディーラーにはあります。

では、新型RAV4の値引きがどの程度となるのか、詳しく見ていきます。

新型RAV4の値引き額

新型RAV4は、4代目が日本国内で販売されなかったことがあり、販売期間にブランクが3年ほどあります。

通常、モデルチェンジを行っている車で、新型車が出る時に切り替わるような場合では、ある程度の売れ行きから値引き額がディーラーごとで決められていることが多いです。

しかし、この新型RAV4のように、販売にブランクがあると継続したデーターがありません。

そうなると、新型車のような販売となります。

そこで、新型RAV4の値引きは、車両本体価格から3万円、5万円、7万円あたりの値引きが数か月続くとみられます

ただし、下取り車やディーラーオプションを組み合わせれば、もっと大きな値引きを引き出すことも可能でしょう。

新型RAV4は、発売前から人気が高く、値引きを無理にしなくても売れるとディーラーでは考えられる車種なので、営業マンとの商談は最初のうちは厳しいものとなるでしょう。


<スポンサードリンク>

先行予約で安く購入できる?

引用:https://www.toyota.com/rav4/photo-gallery/exterior

新型RAV4の発売予定は、2019年の春です。

恐らく、最近の新車販売に習って先行予約が行われるでしょう。

気になるのが、先行予約時に商談ができるかどうかですが、結論からいうと先行予約でも商談が可能です。

先行予約で交渉する方法

通常、先行予約時には車をカタログ販売の形でディーラーにて予約受付を行われますが、一方的なディーラーサイドの話のみで予約する必要はありません。

どうしても、先行予約だと買い手が足元を見られている気持ちから、ディーラーの言いなりになってしまう部分もあります。

しかし、新型RAV4も車体本体価格で300万円前後する車種なので、先行予約の時も率先して値引き交渉をしてみましょう。

通常、先行予約では値引きが一切できないことを告げられることも少なくありませんが、それをカバーするように、ディーラーでは下取車の査定アップや、特別装備を格安で提供するキャンペーンの、隠し玉を持っていることが多くあります。

親切な営業マンであれば、先行予約時に下取り査定アップのことや、オプション品のお得な購入方法を教えてくれることもあるでしょう。

しかし、全ての営業マンがやさしい人とは限らないので、先行予約時にこちらから、なにかお得な情報がないか、担当の営業マンに聞いてみることです。

先行予約時に何もしないで予約するより、アクションを起こしたほうが、お得に予約できる確率が高いでしょう。


<スポンサードリンク>

値引き交渉の進め方

引用:https://toyota.jp/request/payment/

大事なのは、「値引きをしてほしい」オーラをぷんぷん匂わせて、商談に臨まないことです。

営業マンも人の子ですから、最初から横柄な態度であったり、妙に馴れ馴れしい人には、敬遠する営業マンも少なくありません。

そこでここからは、新型RAV4をお得に購入するための値引き交渉についてみていきます。

懇意にしている営業マンがいる場合

長年同じディーラーで車を買い替えていると、そこのディーラーではお得意様となり、営業マンとも懇意の間柄となっている方も多いでしょう。

懇意の間柄であれば、営業マンから新型RAV4の情報を惜しみなく教えてもらえ、お得に長く乗り続ける方法なんかも教えてもらえるかもしれません。

また、懇意にいしてる営業マンであれば、新型RAV4の情報をいち早く聞くことも可能です。

もちろん、先行予約もお得意様枠で用意してもらえますから、かなりお得です。

普段、ディーラーを使わない人には、知ることができない情報や特典を、一早く知ることができるのが、お得意様です。

新型RAV4もディーラーのお得意様になっていれば、かなり優遇された値引きで購入することができます。

懇意にしている営業マンがいない場合

車を購入する時に、決まった場所で購入していない人には、懇意にしている営業マンはいないでしょう。

また、初めて新車を購入する人もディーラーに足を運ぶのが初めてとなるので、営業マンに知り合いがいません。

しかし、懇意にしている営業マンがいないからと、値引き交渉を諦めるのは早計です。

新型RAV4を値引きで購入するには、営業マンとの信頼関係を作ることで大きな結果が得られます。

営業マンとの信頼関係が大事

新車を購入するには、ディーラーに行くことになります。

そして、ディーラーに行けば、営業マンと新型RAV4のことについて話をすることになります。

新型RAV4を買うためにディーラーに行くので、営業マンの話をよく聞いて、車についての質問があれば、遠慮なくしましょう。

しかし、あからさまに値引きの話を多くすると営業マンもいやになってしまいます。

新型RAV4をディーラーに見に行ったら、営業マンと雑談からで良いので、いろんな話をしてみましょう。

営業マンの中にも、感じの良い営業マンから、どこか性に合わない営業マンもいますから、話をしながら営業マンを見極めることが重要です

自分に合ったディーラーを選ぶ

トヨタの場合、ディーラーの数も多く、新型RAV4の販売チャンネルがカローラ店とネッツ店に分かれています。

選択肢が多いので、最寄りの営業所周りをして自分に合ったディーラーを選ぶことから始めましょう。

販売チャンネルによっても、営業方針が違うので、営業マンの接し方も変わってきます。

多くの営業所を回り、自分に合った営業マンを探すのも大事です。

営業マン

初めて行くディーラーの営業マンと、すぐに信頼関係を結ぶのは難しいでしょう。

しかし、何回か足を運び、担当の営業マンと話をしているうちに、本音で話ができるようになれば値引き額を大きく引き出せることが可能となってきます。

自分は、「お客だから」といった気持ちを捨てることで、意外と営業マンとの距離が近くなります。

営業マンも人の子ですから、横柄なお客さんに対しては、いつまで経っても気持ちよく値引きに応じることはないでしょう。

値引き交渉でやってはいけないこと

値引き交渉には、多くの手法がネットや雑誌などで紹介されています。

これらの手法は、間違いではないこともありますが、ほとんど通用しないと思った方が良いでしょう。

その理由としては、営業マンもユーザーがどのような値引きをしてくるか、ユーザーと同じようにネットや雑誌でチェックしているからです。

特に多くある値引き方法に、競合車種をぶつけて値引きにあたる手法がありますが、この手法はほとんど効果はありません。

この方法は、ネットが発達する以前から行われている手法で、知らない営業マンはいません。

そこで、やってはいけない値引き交渉としては、ネットや雑誌に氾濫する値引き交渉術です。

これらは、すでに営業マンが熟知しており、行うだけ無駄と考えた方が良いでしょう。

また、それらの手法を使い、強引に迫ることは、営業マンとの信頼関係を損なう恐れもあります。

ここだけの値引き交渉裏技

引用:https://toyota.jp/request/payment/tripleassist2/?padid=ag475_page3_header_btn2_off

新型RAV4をどうしても安く手に入れたいと考えるのが、購入を決意している人の共通意見でしょう。

新型となれば、かなり無茶な値引き交渉は難しいですが、ある程度の値引きを引き出せる方法があります。

その方法は、新型RAV4の販売が決まっているカローラ店とネッツ店で相見積もりを取ることです。

また、行動力があれば、違う地域のカローラ店とネッツ店で見積もりを取ってみましょう。

カーディーラーは、同じ販売店でも経営するグループも違い社長も違います。

販売店名には、必ずその地域の地名などが付いていますので、その地域名の違う販売店同士の見積もりを取りましょう。

同じ地域名の、違う場所の販売店で見積もりを取っても、意味がないので注意してください。

グループが違えば、同じカローラ店やネッツ店でも、見積金額や値引き金額の違いに驚くことでしょう。

新型RAV4の値引きまとめ

新型RAV4は、発売前から人気があり、値引きを無理にしなくても売れると見込んでいる営業所が多くあります。

しかし、方法を少し変えることで、通常より多くの値引き額を引き出すことができます。

数百万円の高い買い物なので、妥協せずに自分の脚で多くの営業所を回り、多くの値引き額を勝ち取りましょう。

新型車種を「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「新型車種は…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでたった30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!!

ヴォクシー査定はこちら