「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大10社の大手下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

新型車種査定はこちら

新型RAV4が日本で復活を果たし、本格的なオフロード走行も可能なSUVとして登場しました。

現在、RAV4以外にも各社からSUVが発売されているので、どれが一番いいのか迷う方も多いですよね。

そこで、今回は、新型RAV4と日産の本格SUVであるエクストレイルと徹底比較し、どちらがおすすめなのか詳しく解説していきます。

新型RAV4とエクストレイルの特徴

引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html

日本のSUVの先駆的な存在であったRAV4は、日本でのミニバンブームに押され、その勢いを弱わめることとなり、4代目RAV4が日本で販売されることはありませんでした。

しかし、日本でもSUVブームに火が付き始めると、その牙城を守ってきた日産エクストレイルは勢いを増し、幅広い年齢層に支持されるようになります。

そして、トヨタもミドルサイズの本格SUVにもう一度参入すべく、満を持して新型RAV4を日本で復活させました。

そこで、この2台にはどのような特徴の違いがあるのか見ていきます。

新型RAV4の4WD

新型RAV4には、どのような場面でも走破できるよう、グレードやパワーユニットにより3タイプの4WDが用意されています。

ダイナミックトルクベクタリングAWD

前後トルク配分だけでなく、後輪の左右トルクを変えることで、優れた旋回性能を引き出します。

そして、4WDが必要でない時には、燃費向上を図るために、プロペラシャフトで動力の伝達をカットする「ディスコネクト機構」を採用しています。

ダイナミックトルク4WD

ダイナミックトルク4WDは、従来通りの50:50のトルク配分を持っています。

路面状況を、タイヤのグリップ力から電子制御してトルク配分を行い、どのような路面でも走破できる4WDシステムです。

E-four(電気式4WDシステム)

E-four(電気式4WDシステム)は、ハイブリッド車に標準装備されています。

このE-fourは、さらなる進化を遂げており、後輪へのトルクを増大させることで、荒れた路面でも安定して走行することができます。

日産エクストレイル

日産エクストレイルにも、先進技術が多く投入されており、その中で大きな特徴としては、世界初のインテリジェントライドコントロール(車体振動抑制システム)です。

小さな凸凹道でも、駆動力とブレーキを制御することで、乗り心地の向上が図られており、車両姿勢がスムーズとなり安定した走りができます。

もちろん4WDもインテリジェント4×4により、アクセルを踏んだ瞬間から、コンピューターにより前輪と後輪に最適にトルク配分され、滑りやすい路面でも安定して走行することができ、そして燃費向上にも貢献しています。

エクステリア比較

引用:https://toyota.jp/rav4/index_a.html https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/exterior.html

エクステリアデザインは、新型RAV4、エクストレイルともに、都会派のデザインと本格オフローダー的なデザインの2パターンが用意されています。

新型RAV4は、シャープなデザインで、このクラスのSUVにしてはマッスル的な面の押し出し感がなく、スピード感あふれるデザインとなっています。

変わって、エクストレイルは、発売から時間が経っており、見慣れた感もあるためか、RAV4に比べれば古臭さが感じられてきました。

新型RAV4のデザインとサイズ

新型RAV4のデザインは、今までのSUVのデザインから見比べると、スッキリとしたデザインで新鮮さを感じさせられます。

今人気のルーフのツートンカラーも用意されるなど、スタイリッシュな演出も忘れていません。

全長:4,600mm(adventure4,610mm)

全幅:1,855mm(adventure1,865mm)

全高:1,685mm(adventure1,690mm)

ホイールベース:2,690mm

エクストレイルのデザインとサイズ

エクストレイルのトレードマークとも言えるVモーショングリルは、押し出し感が強く、そして鈍重なイメージで屈強なSUVであることを誇示しています。

デザインも、ノーマルからよりオフローダー的なデザインを強くした、エクストリーマーXや、ラグジュアリーなデザインのオーテック、そしてスポーツ性に振ったニスモなどのデザインから、自分好みのデザインを選ぶことができるのも魅力です。

全長:4,690mm(エクストリーマーX4,710mm)

全幅:1,820mm

全高:1,740mm(ハイブリッド1,730mm)

ホイールベース2,705mm

インテリア比較

引用:https://toyota.jp/rav4/design/?padid=from_rav4_navi_design https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/x-trail/interior.html

インテリアデザインは、どちらの車もかなり高級感と質感も高くなっています。

しかし、方向性としては、RAV4がラグジュアリーなデザインであるのに対し、エクストレイルはどこかカジュアルな雰囲気があります。

使い勝手比較

どちらの車種も、本格SUVとしての使い方を想定した車作りがされていますが、濡れた体のまま車に乗り降りしても問題なく使えるのは、防水シートや防水ラゲッジボードが装備されているエクストレイルになります。

ただし、新型RAV4もラゲッジスペースのデッキボードを裏返して使えば、濡れモノも問題なく積み込むことができます。

また、3列シートを選べたり、4:2:4分割可倒式リヤシートをもつエクストレイが、使い勝手面で上回るといえます。

サイズ比較

車両サイズは、全長が僅かにエクストレイルが長いだけですが、室内の広さは全長、全幅、全高ともにエクストレイルのほうが広くなります。

実際に、車に乗った感じもエクストレイルのほうが広く感じ、開放感がある室内空間となっています。

荷室空間は、新型RAV4が580L、エクストレイルが565Lとほぼ同レベルといったところ。

しかし、エクストレイルのハイブリッド車は、バッテリーを荷室空間付近で使用しているので、荷室容量が430Lとかなり狭くなります。

その点、新型RAV4では、ハイブリッドもガソリンも同じ荷室空間となっており、使い勝手は良いといえます。

運動性能比較

引用:https://toyota.jp/rav4/design/?padid=from_rav4_navi_design

エンジン性能と足回り性能には、それぞれの車に特徴があります。

エンジン比較

エンジン性能を新型RAV4とエクストレイルで、詳しく表で比較してみました。

RAV4:ガソリンエンジン RAV4:ハイブリッドエンジン エクストレイル:ガソリンエンジン エクストレイル:ハイブリッドエンジン
最高出力 126kW(171PS)/6,600rpm 108kW(147PS)/6,000rpm
最大トルク 207N・m(21.1kgf・m)/4,800rpm 207N・m(21.1kgf・m)/4,400rpm
システム最高出力 [E-Four]:163kW(222PS)

[2WD]:160kW(218PS)

134kW(182PS)

ガソリン

最大トルクが同じなので、出足の加速はそれほど変わらないです。

ハイブリッド

新型RAV4のほうが、力強い走りができるパワーユニットであります。

足回り比較

フロント

どちらもマクファーソンストラット式を採用しています。

リア

新型RAV4がダブルウィッシュボーン式で、エクストレイルがマルチリンク式を採用しています。

特徴

どちらもそれほど走りの性能に大差がないように感じますが、先進技術を見ると違いがあります。

新型RAV4のダイナミックトルクベクタリングAWDの走りは、カーブを気持ちよく曲がれて、悪路での走破性は高いです。

まるで、運転が上手になった気になれます。

しかし、エクストレイルは、デビューから時間が経っていることもあり、このあたりの技術では新型RAV4に一歩及ばないといえます。

燃費比較

車を選ぶ上で、重要になってくるのがお財布に直結する燃費性能です。

エクストレイルには、新しい燃費基準であるWLTCモードでの表記が無いので、JC08モードで比較してみます。

ガソリン

新型RAV4(WLTCモード)

15.2km/l~15.8km/l

エクストレイル(JC08モード)

16.0km/l

ハイブリッド(JC08モード)

新型RAV4

・2WD:25.2km/l

・4WD:25.0km/l

エクストレイル

・2WDで20.8km/l

・4WDで20.0km/l

燃費比較結果

ハイブリッドモデルのカタログ燃費は、新型RAV4のほうが燃費が良いことがわかります。

一方のガソリンエンジンでは、新型RAV4が、エクストレイルよりも低い数字になっています。

しかし、モードが違うので、一概にRAV4の燃費が悪いとは言えないです。

運転支援システム比較

引用:https://toyota.jp/rav4/safety/?padid=from_rav4_navi_safety

新型RAV4

トヨタセーフティセンス」が全車に標準装備されていています。

エアバッグ類に関しては、乗員の頭部と胸部を守るエアバッグの他、後席乗員の頭部側面まで保護するSRSカーテンシールドエアバッグまで、合計7つを全車標準装備されています。

エクストレイル

安全支援システムは、ヘッドライト類と、ブレーキアシストのみです。

エアバッグに関しては、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグが、メーカーオプションとなっています。

安全装備品比較

運転支援システムの充実度では、新型RAV4に軍配が上がります。

価格比較

ガソリン車

・新型RAV4:2,608,200~

・エクストレイル:2,231,280~

ベースグレードを見る限り、新型RAV4のほうが割高と感じます。

しかし、実際は、新型RAV4のほうが安全装備や運転支援システムが充実しているので、エクストレイルより割安感が高い車といえます。

ハイブリッド

新型RAV4:3,202,200~

エクストレイル:2,623,320~

かなりの価格差がありますが、パワーユニットの差と安全性能の差を考えて許容できれば、新型RAV4はおすすめといえます。

RAV4新型とエクストレイル比較まとめ

新型RAV4とエクストレイルを比較しました。

新型RAV4とエクストレイルは、非常によく似たSUVですが、世に出てきた時期の違いから、新型RAV4のほうが技術面でも装備面でも優れているといえます。

価格差もそれなりにありますが、安全性能や運転支援システム、そして長い目で見た時の燃費をを考えると、新型RAV4はエクストレイルよりおすすめとなります。

新型車種を「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「新型車種は…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでたった30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!!

新型車種査定はこちら