CX-5とハリアーを比較!どっちがおすすめ?

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大8社の国内最大級の下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

\わずか30秒で簡単/新型車種査定はこちら

今話題のミドルSUVは、機能性や見た目など、様々な改良が進められています。

アウトドア志向の方だけではなく、より一般的に、受け入れられやすい車種が増えているのも特徴。

最近はファミリーカーとしての需要も高まり、シティ乗りをするために購入するという方もいるほどです。

その中でもマツダのCX-5と、トヨタのハリアーは、上質なSUVとして紹介されることが多いですね。

SUVを検討した方なら、候補に入れた方も多いことでしょう。

しかし、いったい何を基準に、決めたら良いかは悩むものです。

そこで、CX-5とハリアーについて、項目ごとに比較して、どちらがおすすめかを比較していきます。


<スポンサードリンク>

エクステリア比較

CX-5は、上品で大人なSUVさが魅力

引用:http://www.mazda.co.jp/

マツダのCX-5は8種類のボディカラーが特徴で、デザインにとてもこだわっています。

「魂動」というテーマのもと、車に命を吹き込むということを中心にして、作られていることで知られています。

「ソウルレッドクリスタルメタリック」や、「マシーングレープレミアムメタリック」という、まさに匠の技ともいうべきカラーを実現。

これは金属の魅力を最大限に活かした、マツダの挑戦であり、オリジナル性だと言えるでしょう。

ハリアーは、ダイナミックゴージャスなSUVさが魅力

引用:http://https://toyota.jp/

ハリアーはボディカラーが7色あって、鷹のエンブレムがトレードマーク。

アウトドア好きな好むような、大型で角ばったイメージのエクステリアではないのが特徴です。

都会的な街並みに良く似合う、洗練されたエクステリアが魅力。

また、CX-5が大人の上質感を演出しているのに対し、ハリアーはゴージャスな雰囲気をかもしだしています。

VIPな感じがする、という口コミもたくさんあるほどです。

まさに「高級SUV」という言葉の、先駆者的な車であると言えるでしょう。

インテリア比較

CX-5は、シンプルな落ち着きが魅力

引用:http://www.mazda.co.jp/

CX-5のインテリアは、シンプルさにこだわった、上質な空間が特徴です。

体をすっぽりと包み込む、「人間工学」に基づいて作られたシートは、特に優秀です。

長時間のドライビングにかかる体の負担を少なくしてくれます。

また、水平を意識して設計されたコンソールパネルは、乗車した人のことを思って作られたさすがのデザインです。

ラグジュアリーさよりもシンプルにこだわったというイメージです。

しかし、ゴチャっとした余計なものを、一切取り払った快適さがCX-5にはあります。

ハリアーは、ラグジュアリーでリッチさが魅力

引用:http://https://toyota.jp/

ハリアーのインテリアの魅力は、ドアを開けた瞬間から感じることができる、ラグジュアリー感にあります。

シートのゆったりとした印象と、全体のデザインを機械的にまとめたインテリアがその象徴です。

デザイン性を統一させつつ、操作性にもこだわっています。

その代表例が、オプティトロンメーターというメーターを採用している点です。

これによって、昼間でも視野性を確保することができるのも、嬉しいポイントです。


<スポンサードリンク>

走行性比較

CX-5は回転上昇と静寂さが魅力

引用:http://www.mazda.co.jp/

CX-5は走り出しの加速が先代よりもスムーズになり、回転速度の速やかな上の割に、静寂さをキープしているところが魅力的です。

徹底的に落ち着いた大人の空間にこだわったCX-5の車内は、もはや低音の走行音しか聞こえないほど。

ガソリン車はディーゼル車ほどの馬力はないものの、「人馬一体」を掲げているマツダだけに、ガソリン車でも伸びの良いドライビングを楽しむことができます。

またCX-5は雪道などの悪路や、オフロードでの力を発揮します。

ハンドルのスムーズさをより感じる事ができるCX-5は、振動や首振りをなるべく抑えた走行性がポイント。

ただ実燃費はディーゼル車・ガソリン車共に、16~18キロ程度です。

燃費がとても良いとは言えないものの、街乗りと高速道路などで実燃費は変わります。

市街を走行する際には、どの車も実燃費は悪くなるので、そこまで気にするほどではないでしょう。

ハリアーの走行性魅力

ハリアーもまた、どんな天候でも、同じような安定した走りを見せてくれます。

前輪駆動状態と4輪駆動状態を、自動的に抑制する力が装備されているため、どんな悪路でも落ち着いた走りを実現することができます。

また、車両の動きに合わせて、ドライバーの予想通りの操舵性を算出してくれます。

そのため、旋回時などでも思った通りに、車を回転させることができるのです。

CX-5とハリアーはどちらもゆったりスペース確保

CX-5の室内寸法:1,890×1,540×1,265mm (全長×全幅×全高)

ハリアーの室内寸法:1,965×1,480×1,220mm (全長×全幅×全高)

比較すると-75、+60、+45

これを見ると、CX-5の室内寸法のが大きいのがわかりますね。

CX-5もハリアーも、2列シートの5人乗りです。

多人数で乗る目的でなければ、スペースも十分でしょう。

CX-5の特徴

CX-5のリアシートは4:2:4の分割可倒式、4パターンで自由自在です。

また、シート構造が体に優しい計算方法を採用していることで、後列に乗車しても体をしっかり包み込んでくれます。

例えば、170cmの大人の男性が乗り込んでも、窮屈さを感じる事はそうないでしょう。

ハリヤーの特徴

ハリアーは床から座面の間隔が広く、足のスペース確保できるのが魅力。

しかも、シートが柔らかく、座り心地が良いので、SUVの中でもくつろいで座ることが可能な1台です。

しかも、室内の高さがあるので、足をしっかり床に下ろすことができるのです。

ラゲッジスペース比較

CX-5はゴルフクラブ4つ分

引用:http://www.mazda.co.jp/

CX-5のラゲッジスペースは、荷室長×荷室幅×荷室高:960×1,040×790mmです。

これは、ゴルフバッグを4つ乗せられる大きさで、椅子を倒さない状態でも乗せられるのが大きなポイントです。

また4パターンのリアシートにより、シートをアレンジすることで、スノボーなどの長いものも収納できます。

ハリアーは高さがCX-5より低め

引用:http://https://toyota.jp/

ハリアーのラゲッジスペースは、荷室長×荷室幅×荷室高:1,000×1,130×765mmです。

長さ、横幅はハリアーの方が大きいですが、高さはCX-5の方がありますね。

ただ、そこまで大きな差がなく、どちらも十分な収納スペースがあります。

エンジン性能比較

CX-5のエンジンは静かでパワフル

引用:http://www.mazda.co.jp/

CX-5には、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンがあります。

しかもSKYACTIV-Gシリーズに、ガソリンターボエンジンが仲間入りし、ますますパワーアップ。

CX-5エンジン性能表

【最高出力】 【最大トルク】
SKYACTIV-G 2.5 2WD:140kW〈190PS〉/6,000rpm
4WD:138kW〈188PS〉/6,000rpm
2WD:252N・m〈25.7kgf・m〉/4,000rpm
4WD:250N・m〈25.5kgf・m〉/4,000rpm
SKYACTIV-G 2.0 115kW〈156PS〉/6,000rpm 199N・m〈20.3kgf・m〉/4,000rpm
SKYACTIV-D 2.2 40kW〈190PS〉/4,500rpm 450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm

SKYACTIV-G 2.5は、街乗りでの走り出しの良さが魅力です。

SKYACTIV-G 2.0は、近距離や家族の用事で乗る程度の方におすすめ。

スムーズな走り出しが女性ドライバーにも人気がある秘密です。

SKYACTIV-D 2.2は、高速道路やオフロード、山道などで安定した走りをすることができます。

ハリアーは、加速フィーリングが最高

引用:http://https://toyota.jp/

ハリアーのエンジン性能表

【最高出力】 【最高トルク】
ターボエンジン 170(231)/5,200〜5,600 350(35.7)/1,650〜4,000
ハイブリッドエンジン

2.5L 2AR-FXEエンジン

112(152)/5,700 206(21.0)/4,400〜4,800
ガソリンエンジン 111(151)/6,100 193(19.7)/3,800

ハリアーの魅力は加速です。

排気ガス温度を調整することで、燃費性能もあげたことでより質が良くなりました。

走り出しのフィーリングの良さで知られ、街乗りでも十分に楽しむことができます。

エンジンの種類

ハリアーには、ターボ車とハイブリッド車があります。

ハリアーのターボ車の加速は、力強いことで知られています。

ドライバーが気持ちの良い、加速を体感できます。

また、加速音が気にならないのもポイントです。

ハリアーに乗車した人の口コミでは、「静か」という言葉を良く耳にするほどです。

また、走行制御モードが搭載されています。

パワーモードやスポーツモードなどのモードを走行シーンに合わせて選択することも可能です。

CX-5とハリヤーの比較まとめ

人気ミドルSUVの、CX-5とハリアーを比較しました

おすすめは、上質な大人のSUVさを楽しむことができるCX-5です。

長距離車として利用したい方には、ディーゼルのCX-5がおすすめ。

また、CX-5の上質な走りを楽しみつつ、市街地乗りをベースとしたい方なら、ガソリン車のCX-5がおすすめでしょう。

全体的に安全性能が充実しているCX-5は、高齢者や運転ビギナーにもぴったりです。

しかし、ハリアーのゴージャスさも引けをとりません。

エンジン+モーターの、ハイブリッドシステムを楽しみたい中級以上のドライバーにはハリアーがおすすめ。

ただ安全性能は、CX-5に劣ります。

現在2車を比較しても、それぞれの魅力がありますね。

目的次第で検討していくのがおすすめですね。

新型車種を「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「新型車種は…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでたった30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

国内大手下取り会社最大8社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!!

 

\無料で簡単査定のチャンスは今/新型車種査定はこちら

<スポンサードリンク>