CX-3 新型はエコカー減税対象?金額の違いとは

新型CX-3には、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの2種類が用意されていますが、エコカー減税が対象になるか、気になる方も多いですよね。

新型CX-3のディーゼルエンジンは同じスモールSUVの中では割高感があります。

しかし、エコカー減税があれば購入に踏み切りたいと思っている方も少なくない車種です。

そこで、ここでは、新型CX-3のエコカー減税と補助金について詳しく解説していきます。


<スポンサードリンク>

新型CX-3はエコカー減税対象?

新型CX-3は、エコカー減税対象車になります。

ただし、ディーゼル車のみ対象で、ガソリン車はエコカー減税対象ではありません。

エコカー減税と並び、税金の優遇が受けられるのが、グリーン税制ですが、これもディーゼル車は対象ですが、ガソリン車は対象ではありません。

ガソリン車が対象外となっている理由は、新型CX-3のガソリンエンジンが特別悪いのではありません。

最新技術のエンジンで、低燃費とクリーンな排気ガスを実現していますが、それ以上にエコカー規制値が年々厳しくなっており、対象から外れてしまっている状況です。


<スポンサードリンク>

エコカー減税とは

エコカー減税とは、新車を購入する時に、「自動車取得税」「自動車重量税」「自動車税」の3つの税金が免税されたり減税される優遇措置です。

エコカー減税を受けるには、国土交通省が定める排出ガスと燃費基準をクリアする必要があります。

エコカー減税の基準

エコカー減税は、次世代自動車と呼ばれる「電気自動車」「燃料電池自動車」「プラグインハイブリッド自動車」「クリーンディーゼル車」「平成32年度燃費基準+50%達成車」であれば、問題なく優遇措置を得られます。

その他の基準では、「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」を達成し、最低でも「平成32年度燃費基準達成車」である必要があります。

そして、減税率は、20%から全額免除まで、細かく決められています。

新型CX-3のディーゼル車は、クリーンディーゼルとなるので、文句なしのエコカー減税対象車となります。


<スポンサードリンク>

新型CX-3のエコカー減税の種類

cx-3ディーゼル車ラインナップ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/grade/

新型CX-3には、5種類のグレード設定ががあり、グレードごと及び駆動方式によりエコカー減税で優遇される金額が変わります。

グレードにより、減税額が変わるのは、車両本体価格に対してかかる自動車取得税額が変わるためです。

とはいっても、新型CX-3のディーゼル車を新車で購入する場合、100%免税となるので、「自動車取得税」と「重量税」は、0円となります。

それ以外に受けられる減税

新型CX-3が受けられる減税優遇は、新車購入の時だけではなく、いかの2つも優遇されます。

・翌年の自動車税

・最初の車検時にかかる重量税

新車時の減税に加え、上記の2つの減税が受けられるので、全部で3回にわたり減税措置を受けることができます。

グレード別エコカー減税額

新型CX-3で受けられる減税は、自動車取得税、重量税、自動車税の3つとお伝えしてきました。

その中で、グレードが違っても減税措置が同じなのは、先ほどご紹介した「重量税」と「自動車税」になります。

重量税

通常22,500円⇒0円

自動車税

39,500円⇒10,000円(75%減税)

自動車取得税

全てのグレードで免税となります。

取得税はグレードによって異なります。

グレードごとの取得税の金額をまとめました。

・XD 2WD 取得税60,900円

・XD 4WD 取得税66,500円

・XD PROACTIVE 2WD 取得税65,700円

・XD PROACTIVE 4WD 取得税71,400円

・XD PROACTIVE S Package 2WD 取得税68,100円

・XD PROACTIVE S Package 4WD 取得税73,800円

・XD L Package 2WD 取得税70,800円

・XD L Package 4WD 取得税76,500円

・XD Exclusive Mods 2WD 取得税71,700円

・XD Exclusive Mods 4WD 取得税77,300円

上記のように、上級グレードになるほど車両価格が高くなるので、取得税額も高くなります。

この取得税が免除されるということは、新型CX-3のディーゼルは、上級グレードのほうが税金でお得感があるということになります。

新型CX-3は補助金も出る

引用:http://www.cev-pc.or.jp/

新型CX-3は、クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(通称、CEV補助金)を受けることができるグレードがあります。

年々、補助金の予算が削減され、補助金を貰える車種やグレードが縮小し、また補助金の額も少なくなっています。

以前は、CX-3のすべてのグレードで補助金対象となっていましたが、新型では限られたモデルしか補助金がありません。

補助金を受ける条件

1、ポスト新長期規制をクリアしたクリーンディーゼル乗用車

2、次世代自動車振興センターにて事前に審査・承認された車両

この2つをクリアした車両となります。

補助金がでるグレードとその金額

補助金を受けられる条件を満たしている車が、クリーンディーゼルとして補助金を受けることができます。

この補助金が受けられるグレードと補助金の金額は以下の通りになります。

グレード 補助金額
XD L Package AT(2WD) 18,000円
XD L Package MT(2WD) 15,000円
XD L Package AT(4WD) 18,000円
XD L Package MT(4DW) 16,000円
XD Exclusive Mods AT(2WD) 20,000円
XD Exclusive Mods AT(4WD) 21,000円

補助金の申請方法

補助金は、ご自身で申請する必要があります。

申請方法については、新車購入時にディーラーで聞けば教えてくれます。

初めて申請を行う方は、どのように申請するか確認しておいた方が安心ですね。

新型CX-3のエコカー減税まとめ

新型CX-3は、ディーゼルエンジンのみエコカー減税を受けることができます。

ディーゼル車は、ガソリン車より車両本体価格が高めに設定されているので、エコカー減税によりかなり恩恵が受けられます。

毎年エコカー減税は厳しくなり、対象車種やグレードも少なくなっていますから、CX-3が気になる方は、早めの検討をおすすめします。