CX-3とCX-5を比較!どっちがおすすめ?

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大10社の大手下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

ヴォクシー査定はこちら

 

マツダでは、コンパクトSUVのCX-3とミドルSUVのCX-5をラインナップしています。

この車種は、同じメーカーから販売されていますが、どちらを選べばよいか悩むことが多い車種でもあります。

そこで、CX-3とCX-5を多角的に比較検証して、どちらがおすすめなのか詳しくお届けします。


<スポンサードリンク>

CX-3とCX-5の性能・サイズ比較

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/

マツダから販売されているSUVの中で、比較的検討されやすいのがCX-3とCX-5になります。

魂動デザインで、統一性を持たせたスタイルとなっているマツダのこの2台は、ぱっと見が区別できない人も少なくありません。

もちろん、車格がCX-5のほうが上ですが、ただ車格が上という違いだけでなく、多くの部分でCX-3とCX-5には違いが見られます。

そこで、いろんな角度から違いを比較してみていきます。

エクステリアサイズの違い比較

CX-3とCX-5のサイズは、かなりの違いがありもちろん大きいのは、CX-5です。

そこで、ボディーサイズの詳細を比べてみます。

   CX-3    CX-5
全長 4,275mm 4,545mm
全幅 1,765mm 1,840mm
全高 1,550mm 1,690mm
ホイールベース 2,570mm 2,700mm
車両重量 1,230kg〜1,370kg 1,520kg〜1,710kg

ボディーサイズを数値で比べて見てみると、CX-5のほうが一回り大きいことがわかります。

特に車幅ではCX-5は、1,800mmを超えています。

1,765mmのCX-3と比べると、CX-5では、狭い道などでの取り回しは、かなり気を使います。

また、全高では、CX-3が立体駐車場ギリギリの1,550mmであるのに対し、CX-5では制限にかかる可能性があります。

CX-5の高さは、1,690mmとなっているので、立体駐車場に駐車するときは注意が必要です。

インテリアサイズの違い比較

インテリアデザインは、同じマツダでしかもSUVとして共通していますから、直線基調のダッシュボードのデザインや室内の作りはほとんど一緒です。

ただ、作りが似ていても質感や細かなデザインは、CX-3より上級クラスのCX-5のほうがより洗練された上質なデザインとなります。

肝心のインテリアサイズを比べてみます。

        CX-3             CX-5
室内長 1,810mm 1,890mm
室内幅 1,435mm 1,540mm
室内高 1,210mm 1,265mm

室内の大きさもCX-5のほうが、かなり余裕のあるスペースを確保していますが、これは後部座席の広さに大きく関係しています。

CX-5では、リクライニング機構の付いたリアシートを採用しており、CX-3よりかなり快適に後部座席に乗車することができます。

CX-3で後部座席に乗車し、長距離移動には少し難がありますが、CX-5ではほとんど問題なく後部座席に座っていられます。

走行性能の違い比較

CX-3とCX-5には、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンがラインナップがされています。

エンジン排気量や性能は、全く別のエンジンとなります。

エンジンが違う理由には、車重の違いも関係しますが、気持ちよい走りを求めると、エンジン出力が高くなるのは必然的であり、CX-5のほうがよりパワフルなエンジンを積んでいることになります。

走行性能は、CX-5にはリアにマルチリンクサスペンションを採用しているので、トーションバー式サスペンションのCX-3とは、かなり走りの違いが見られます。

特に凸凹した道を走る場合は、マルチリンクの追従性の良さから、CX-5は滑らかに走行することができますが、CX-3ではかなり車が跳ねる動きとなります。

エンジン性能からサスペンションに至るまで、CX-5ではワンランク以上の走行性能を約束します。

装備の違い比較

装備の違いを上げればキリがないほどありますが、特に大きな違いは、CX-5では電動スライドガラスサンルーフをオプションで選べること、そしてリアシートにリクライニング機構とリアシートヒーター、エアコンの吹き出し口調整が装備されています。

先代のCX-3とCX-5では、アクティブドライブディスプレイの装着に違いが見られましたが、CX-3のビックマイナーチェンジ後はアクティブドライブディスプレイをベースグレードを除き装備しているなど、CX-5の装備に近づいた面もあります。


<スポンサードリンク>

CX-3とCX-5の費用比較

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-5/

販売価格

CX-3とCX-5の価格の比較は、ベースグレードで価格を比較します。

                 CX-3                         CX-5
20S ガソリン2WD 2,127,600円 2,570,400円
20S ガソリン4WD 2,353,600円 2,797,200円(20Sのグレードが無いので25Sの車体価格)
XD ディーゼル2WD 2,436,480円 2,883,600円
XD ディーゼル4WD 2,662,480円 3,110,400円

このように、車両本体価格には、かなりの開きがあることがわかります。

これは、車の性能や装備が違うことが要因ですが、約40万円から50万円の開きでしたら、トータルで比較して選ぶ価値があります。

CX-3とCX-5とでは、車体の大きさが大きく異なりますが、乗車定員は同じとなっています。

維持費が得なのは

年間の維持費としてかかるのは、燃料費、自動車保険料、メンテナンス費用、自動車税がおもな維持費ですが、この中で比較しやすい燃料費、自動車税を比べてみます。

そこで、CX-3とCX-5の主力であるディーゼルエンジンの4WDで比較します。

      CX-3         CX-5
年間走行距離1万キロとした場合の燃料費で軽油1リッタ―当たり130円で計算 約61,000円 約70,000円
自動車税 39,500円 45,000円

4WDのディーゼル車を比較すると、年間約14,500円ほどの維持費の差が出ます。

もちろん、これに日常メンテンナンスや保険料の維持費がプラスされますが、通常の使用方法では維持費の差は20,000円以下となることが多いと考えられます。


<スポンサードリンク>

おすすめの車種は

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/safety/jncap/

CX-3とCX-5では、使用するユーザーによっておすすめ度が変わってきます。

毎日の通勤や日常の買い物に利用するだけならCX-3で十分ですし、2人乗りと割り切ってロングドライブも楽しむことができます。

しかし、4人家族で通勤にも使うのであれば、CX-5でなければ車内のスペースが厳しいといえます。

4人家族で車をメインで使いたい時にはCX-5がおすすめで、独身者や子供が手を離れた家庭で、夫婦2人でドライブを楽しみたいのであればCX-3がおすすめとなります。

CX-3とCX-5比較まとめ

マツダのCX-3とCX-5について比較しました。

CX-3もCX-5もマツダの主力車種です。

デザインも似ている2台ですが、ユーザーの棲み分けのために、大きさを変えて販売されているといえます。

CX-3にはCX-3 の、CX-5にはCX-5の良いところがありますから、自分の運転環境を考えて車選びをすれば、快適なカーラーフを送ることができます。

大人数で、移動する事が多いユーザーがCX-3を選択しては役不足ですし、狭い道や今までコンパクトカーを乗り継いできた人がいきなりCX-5に乗れば、その車幅の広さに戸惑ってしまいます。

また、維持費も重要となり、毎日通勤で使う方や休日のみ使う方もいますので、維持費を計算して上手に自分にあった車種を選ぶ必要があります。

新型車種を「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「新型車種は…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでたった30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!!

ヴォクシー査定はこちら