CX-3 新型の人気色・ボディカラーとは!2019最新版

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大10社の大手下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

ヴォクシー査定はこちら

 

新型CX-3で人気のボディーカラーは、何色なのかご存知でしょうか。

マイナーチェンジ前と今回のCX-3とでは、意外な結果となっています。

そこで、新型CX-3に採用されているボディーカラーをご紹介し、ベスト3をランキング形式で発表します。


<スポンサードリンク>

CX-3のボディーカラー

引用:https://www.mazda.co.jp/beadriver/design/atelier/10_1/

以前のCX-3は、8色用意されてましたが、今回の新型CX-3では7色となっています。

今回のマイナーチェンジで、シルバーカラーのセラミックメタリックのボディーカラーがなくなっています。

マツダでは、魂動デザインと銘打って、躍動的で生命感あふれるデザイン作りをしています。

2018年5月のCX-3のマイナーチェンジでは、外装や内装の上質さをアップさせています。

そこで、マツダCX-3に用意されている7色のボディーカラーの特徴を詳しくご紹介していきます。

スノーフレイクホワイトパールマイカ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/design/

日本では、白いボディーカラーが人気ですが、特に白の中でもパールホワイトがどの車種にも人気があります。

CX-3にも、スノーフレークホワイトパールマイカという名前のパールホワイトが設定されてます。

スノーフレークホワイトパールマイカは、特別塗装色となるので、通常より32,400円(税込)アップとなります。

CX-3のパールホワイトは、他のパールホワイトのように黄色味がかることなく、名前にある「スノーフレーク」を表すように真っ白な色となっています。

白い色に織り交ぜられたパールが、日の光を浴びると立体感ある輝きを放ち、高級感があふれる色となっています。

ジェットブラックマイカ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/design/

CX-3にも黒の設定がありますが、威圧感のある黒ではなく、重厚感のある品の良い黒を採用しています。

ジェットブラックマイカは、黒のパール色で、日の光がなければ黒です。

しかし、一旦太陽の元にでると、塗装の中のマイカが黄金の光を放ち、何とも言えない輝きとなります。

ディープクリスタルブルーマイカ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/design/

CX-3にはブルー系の色が2色用意されており、こちらのディープクリスタルブルーマイカは、濃いめのブル―となります。

濃いめのブルーにマイカを散りばめてあるので、ボディーラインが白く強調されて強いハイライトを見せる色となっています。

濃い色なので、年配向けのカラーのように思わればちですが、光の反射で色んな顔を覗かせるカラーとなっていますから、若い人にも似合う色といえます。

エターナルブルーマイカ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/design/

もう1色のブルーが、このエターナルブルーマイカです。

エターナルとは永遠にといった意味がありますが、まさしくこのエターナルブルーマイカは、金属感のあるどこまでも鮮やかなブルーです。

日の光によって、塗装の中のパールが鮮やかさを増し、日陰の時に見えるブルーからスカイブルーへと変わります。

スポーツを感じさせるエターナルブルーマイカは、本格SUVであるCX-3をよりスポーティーに演出します。

マシーングレープレミアムメタリック

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/design/

マシーングレープレミアムメタリックは、2018年のマイナーチェンジから採用された匠塗(TAKUMINURI)第二弾の新色カラーです。

匠塗りなので、他のカラーよりオプション価格が高くなり、54,000円(税込)となります。

マツダが「機械の持つ精緻な美しさの追求」をするだけあって、リアルな金属感を表現しています。

今までのメタリックとは一味違ったボディーカラーとなっています。

ソウルレッドクリスタルメタリック

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/design/

マツダ車といえば、ソウルレッドクリスタルメタリックで、魂動デザインをより引き立てるイメージカラーとなっています。

マツダに、5人しかいない匠職人の塗装の動きをデジタル化して再現し、ロボットにその塗装方法をインプットして仕上げています。

この赤は、透明感が半端なく、世界で一番美しい赤といっても大げさではないでしょう。

チタニウムフラッシュマイカ

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/design/

チタニウムフラッシュマイカは、ブラウン系の色になりますが、見る角度によってさまざまな色に見える不思議なカラーです。

ブラン系のグレーがかった色は、渋く高級感のある色で、CX-3をワンランク上の車に仕立て上げています。

光の当たり方で微妙に色が変わるので、見る人を虜にするでしょう。

 


<スポンサードリンク>

CX-3で人気のボディーカラー

引用:https://www.mazda.co.jp/cars/cx-3/driving/

CX-3に採用しているボディーカラーには、もちろん人気色があります。

街でも多く見かける色がありますよね。

人気色は、リセールバリューが高いことから、自分の本当の好みの色を諦めても人気色を選ぶ人がいるので、おのずと人気色は台数が多くなっていきます。

そこで、CX-3の人気色ベスト3をご紹介し、なぜ人気があるのか合わせて見ていきます。

第3位ジェットブラックマイカ

CX-3で第3位に入ったボディーカラーは、ジェットブラックマイカです。

黒色は、日本では昔から人気があるカラーですが、本当の人気はパールもメタリックも入っていないソリッドの黒です。

しかし、CX-3にはソリッドの黒の設定はなく、黒パールとなり、1位となりませんでした。

黒は、威圧感のある色として高級車に人気がありますが、CX-3に採用されている黒は、どことなく漆塗りをイメージする和の柔らかさを表現しており、多くの年代から指示されています。

第2位ソウルレッドクリスタルメタリック

第2位となったのは、マツダのイメージカラーであるソウルレッドクリスタルメタリックです。

マイナーチェンジ前は、このソウルレッドクリスタルメタリックが堂々の1位となっていました。

しかし、マイナーチェンジ後は、2位に転落しています。

鮮やかな赤い色を、街で見かけてほしくなった人も多く、このボディーカラーに人気が集まりましたが、塗装工程に時間がかるため、納車が遅くなることがネックとなり、やや人気に衰えがあります。

しかし、世界に類を見ない美しい赤を手に入れることは、マツダ車に乗る人にとって、憧れのカラーとなっていることには間違いありません。

第1位スノーフレイクホワイトパールマイカ 

堂々の1位に輝いたのは、スノーフレイクホワイトパールマイカです。

日本の自動車市場で、どの車もパールホワイトが人気ですが、CX-3もマイナーチェンジをして、このパールホワイトがソウルレッドを退けました。

パールホワイトの人気の理由は、リセールバリューが高いことが挙げられます。

車を売るときに、ボディーカラーはかなり重要視され、パールホワイトであれば同じ車種でも査定額が大きく変わる事も珍しくありません。

このほか、このスノーフレイクホワイトパールマイカは、透き通った白い色なので、女性の方に人気が高いことも第1位となった理由の一つとなります。


<スポンサードリンク>

CX-3人気ボディーカラーまとめ

2019年モデルのCX-3の一番人気は、スノーフレイクホワイトパールマイカでした。

CX-3を街で多く見かけますが、ほとんどがソウルレッドクリスタルメタリックやスノーフレイクホワイトパールマイカで、その人気の高さをうかがうことができます。

人気カラーを選ぶのも悪くありませんが、せっかく高いお金を出して乗る車ですから、自分の本当に気に入ったボディーカラーに乗るのが車に飽きが来ない秘訣です。

新型車種を「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「新型車種は…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでたった30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!!

ヴォクシー査定はこちら