CX-5と新型CR-Vを比較!どっちがおすすめ?

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大8社の国内最大級の下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

\わずか30秒で簡単/新型車種査定はこちら

最近は道幅の狭い、都内でも見かけることもある、人気のミドルSUV。

今までは、SUVといえば、アウトドアが好きな方が、オフロードや山道で乗るイメージが強かったですよね。

最近では、どんどんオシャレに変身していることで、女性ドライバーやファミリーカーとしての需要も。

そこまでゴツゴツしているのは苦手だけれど、少しタフさを求める方にはぴったりなのです。

中でも人気があるのが、マツダのCX-5と、ホンダのCR-V。

SUVの中でも、根強いファンがいることで知られているCX-5は、大人のミドルSUVといった感じです。

それに対しCR-Vは、2018年8月に新型が発売開始されました。

この人気車種の特徴を徹底比較していきます。


<スポンサードリンク>

エクステリア比較

CX-5のエクステリアとは?

引用:http://www.mazda.co.jp

cx-5のエクステリアは、SUVに見えない、品の良さが魅力です。

マツダがこだわっているデザイン性は、そのクオリティの高さからも伺えます。

「匠塗 TAKUMINURI」と名付けられたカラーは、金属の良さを最大限に活かした、オリジナリティーあふれるもの。

バランスの良い光沢さが、華やか過ぎずに品よく光ります。

新型CR-Vのエクステリアは?

引用:https://www.honda.co.jp

CX-5に比べると、少し大き目で、がっしりしたボディに見える新型CR-V。

全体的に長めの印象を受ける新型CR-Vですが、18インチアルミホールのタイヤで、よりガッシリ見えます。

CX-5が大人の上品さを持っているエクステリアに対し、「もう少しSUV感を楽しみたい「」という方におすすめです。

もちろん、シティ乗りでも高級SUVとして、目を引くこと間違いなし。

カラーは全部で、6色になります。

インテリア比較

CX-5は、大人の上質空間を演出

引用:http://www.mazda.co.jp

インテリアは質はもちろん、人間工学に基づき作られたシートが、体に優しく機能的です。

長時間のドライビングを、気軽に挑戦したくなる、そんな構造のシートで定評があります。

体を包み込む様に計算されつくしたシートや、水平を基調としたコンソールパネルは、まさに高級感たっぷりですね。

新型CR-Vは、コックピット感があるインパネ

引用:https://www.honda.co.jp

新型CR-Vは、CX-5よりも、アクティブな印象があるインテリアが特徴です。

シンプルで余計なものを取り払ったCX-5に対し、車としての機能がよりわかりやすい、インパネ回りが人気だとか。

また、ナビゲーションも、現代の流行をいくデザインで、コックピットの様な雰囲気を楽しむことができます。


<スポンサードリンク>

走行性比較

CX-5は、「i-ACTIV AWD」でシーンを選ばない走行を実現

引用:http://www.mazda.co.jp

CX-5のi-ACTIV AWDは、最新の4WDシステムです。

人間では気が付かないレベルの、スリップなどを察知することができます。

雨の中の運転やアイスバーンなどの、走行しにくい状態の時に重宝します。

SUVを選ぶ方は、アウトドア用途も多く、足元の悪い場所を走行する人もいることでしょう。

そんな時にも、2WDと4WDをスイッチで切り替える必要がないので、運転に集中することができます。

CR-Vは、走行性の高さと乗りやすさの両立

引用:https://www.honda.co.jp

CR-Vは4WDシステム〈リアルタイムAWD〉を搭載していることにより、悪路でも安定した走行性をキープしてくれます。

急な坂でも、スイスイと登っていくパワフルさも持っているのが魅力。

また、デュアルピニオンEPSなどの効果から、ハンドルがドライバーの運転思考と見事にリンクします。

まさに、ドライバーが思い通りの操作をすることが可能なのです。

居住性比較

CX-5は、夏場でも快適な居住性が魅力

引用:http://www.mazda.co.jp

CX-5に乗る人のことを考えたシートは、長時間のドライビングの疲労を感じさせません。

体をすっぽりと包み込むような構造の車内は、とにかく上質で、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

フロントシートには、ベンチレーション機能が採用されており、夏場のシートの熱を逃がしてくれるのが魅力的。

また、フロントガラス・フロントドアガラスには、IRカットという特殊ガラスを使っています。

このことにより、日差しを避けてくれるので、暑い日でも快適に過ごすことができます。

後部座席のシートも、リアシート 4:2:4分割可倒式シートバックなので、自在にシートを倒すことが出来るのがポイント。

長時間滞在する時は、シートをアレンジして過ごすのも良いですね。

CR-Vは、5人乗りか7人乗りか選べるのがポイント

引用:https://www.honda.co.jp

ミドルSUVで、7人乗りがあるのは珍しいですね。

通常アウトドア向きでオフロードを走ることから、さぞかし多人数乗りが多いかと思いきや、実は5人乗りが一般的なのです。

それをCR-Vは、2列シートの大きさのまま、7人乗りを実現させたことで、注目されています。

しかも、機械スペースよりも居住性を大事にしている車種なのも注目です。

メカは最小限スペースにして、座るスペースを最大限に確保しているのが魅力。

しかも、椅子を倒すのも畳むのも簡単操作なのも、オーナーに喜ばれているところですね。

ラゲッジスペース比較

CX-5はゴルフ目的でも十分利用可能

引用:http://www.mazda.co.jp

まずは、CX-5の荷室の通常時の寸法です。

これは、2列目に人を乗せている状態で、9インチのゴルフバッグをまるまる4つ乗せられるほどです。

また、シートを倒せば最長1,830mmまでになるので、スノーボードを積むことが可能なのもポイントなのです。

SUVは荷物を乗せることを前提にして使う車という方も多いので、ラゲッジスペースが大きいのは魅力ですね。

CR-Vのラゲッジスペースは、スッキリまとめ上手

引用:https://www.honda.co.jp

5人乗りのCR-Vは、3列目を倒せば十分な広さを確保することができます。

また、高低差があまりないので、重量のある荷物が積みやすいのもポイントです。

しかも、外から荷物の目隠しになる、トノカバーがあるのも魅力

どんなに荷物が入っていても、スッキリまとまったラゲッジスペースが実現されるのです。

外から荷物が見えないのは、女性にも嬉しいところですよね。

エンジン性能比較

CX-5は、ガソリンエンジンとディーゼルエンジンから選択

引用:http://www.mazda.co.jp

CX-5には、ガソリン車とディーゼルエンジン車併せて、4種のエンジンタイプがあります。

ガソリンエンジンには、「キャビティ付ピストン」と、「マルチホールインジェクター」が共通しています。

この2つにより実用的燃費を向上させ、よりエンジン機能を高めているのです。

・SKYACTIV-G 2.5T

新たに追加されたターボエンジンで、「静」にこだわっています。

最高出力:169kW〈230PS〉/4,250rpm

最大トルク:420N・m〈42.8kgf・m〉/2,000rpm

・SKYACTIV-G 2.5

燃費性能や、走行性の高さに安定した人気があるタイプ。

最高出力
2WD:140kW〈190PS〉/6,000rpm
4WD:138kW〈188PS〉/6,000rpm

最大トルク
2WD:252N・m〈25.7kgf・m〉/4,000rpm
4WD:250N・m〈25.5kgf・m〉/4,000rpm

・SKYACTIV-G 2.0

街乗りが中心で、長距離移動が少ない方向き

最高出力:115kW〈156PS〉/6,000rpm

最大トルク:199N・m〈20.3kgf・m〉/4,000rpm

・SKYACTIV-D 2.2

エンジン音の静かさとパワーにこだわったディーゼル車

最高出力:140kW〈190PS〉/4,500rpm

最大トルク:450N・m〈45.9kgf・m〉/2,000rpm

CR-Vは、3.0Lエンジン並みのエンジン加速

引用:https://www.honda.co.jp

CR-Vは、低速状態から加速できる「VTECターボエンジン」を搭載

それにより、3.0L並みのエンジン加速を楽しむことができます。

ホンダオリジナルの、「2モーターハイブリッドシステム「SPORT HYBRID i-MMD」により、3つのモードを切り替えることができ、効率的なドライブを実現することができるのです。

まとめ

人気SUVのマツダのCX-5と、ホンダのCR-Vについての比較をまとめました。

特徴の比較を見ると、やはりCX-5が根強い人気を誇っている理由がわかります。

エクステリアの上品さと、インテリア、そこにエンジン性能の充実が大きな魅力なのです。

ただ、CR-VもSUVの中では非常に人気が高い車種で、7人乗りのグレードも追加され、注目されています。

どちらがいいか迷ったている方は、それぞれの特徴を車種選定の参考にしてみてはいかがでしょうか。

新型車種を「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「新型車種は…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでたった30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

国内大手下取り会社最大8社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

結果的に値段が吊り上がります!!

 

\無料で簡単査定のチャンスは今/新型車種査定はこちら

<スポンサードリンク>